ふたつの教室

ミクシィのスマホアプリの作り方

app道場始めました

大変ひさしぶりの更新で、少し戸惑いながらのポストです。前回の更新が2013/09/11だから、半年以上放置してしまいました。普段から何をしたとか、何食った、誰に会ったみたいな事を記録する習慣がないので、半年間もいったい何をしてたいたのか、細かくは思い出せないけれど、社内で勉強会を開いたり、 Aviary社 と一緒にHackathon やったり、月に数本映画をみたり、ダイエットをしたりして、気が付けば自分は33歳で、消費税は8%です。

 

本題はというと、先月の27日にapp道場というスマホアプリの勉強会を行いました。

app道場(スマホアプリ開発勉強会) : ATND

そしてその2回目を今月も行うので、そのお知らせです。

 

自分が知る限りではスマホアプリの勉強会というのはあまり多くは開催されていなくて、有名なのだとcookpadの方々がやっているpotatotipsという集まり( Home · potatotips/potatotips Wiki · GitHub )がありますが、そちらもすぐに枠が埋まってしまい、なかなか行けなかったので、だったら自分でもやってみようかなと思ったのが始まりです。

 

ただ、パブリックな勉強会をやるのは初めてということもあり、あまり頑張って告知することもせず、こっそりやりました。atndで募集ページを作り、会社の設備を利用するための手続きをいくつか行い、当日は18時半に開場の設営を始めて、19時に受付を開始。人手はやはり必要で、急遽チームのメンバー1人に手伝ってもらいました。当日の様子は写真を何枚か撮ったけれど、色々あって今ここに貼れないので、かいつまんで話すと、みんなでお酒を飲みながら、githubに上げたライブラリの自慢をしたり、iPhoneで波動拳を出したりしました。

 

iOSもAndroidもまぜて、勉強会開くなんて、マイルス デイヴィスとオーネット コールマンが一緒のステージに立つみたいで、ちぐはぐな内容になったりしないか不安だったけれど、なんとなく一体感はあったように感じます。たまたまandroid wear勉強会と重なった事もあり、あまり沢山の人は来なかったけれど、少人数なりの楽しさがあって、全員がお互いに会話できたし、懇親会途中で急に参加者の人が持ちネタを発表しだしたり、気がつけば22時。

 

だから次もあまり沢山の人は呼ばずに小さな勉強会をやろうと思い、こんな回りくどい紹介記事になってしまったわけです。最後まで読んで頂いてありがとうございます。第2回はこちらで参加を受け付けています。よろしくお願いします。

app道場 #2 : ATND