ふたつの教室

ミクシィのスマホアプリの作り方

Opener 1.3をリリースしました

2年ほど前に勉強がてら作って、その後1度だけ手直ししたMac用アプリのOpenerというのがあるのですが、先日同僚のkanekoaと飲みに行ったら、目の前でプルリを送られたので、帰宅した後、マージしてリリースしました。ダウンロードはこちらになります。

Opener - Browse Files at SourceForge.net

 

Openerについては随分前の記事ですが

OS X は判ってくれない - mixi Engineers' Blog

の方で説明してます。IRCとかでwindowsの人からエクスプローラーのファイルパスを渡されたMacユーザーが、簡単にFinderで指定のファイルを開くだけのアプリです。

 

リリース後、社内でMacユーザーが結構増えた時期があり、その時に自動でsambaマウントしてほしいという要望があったので、マウント機能(NetFSMountURLSyncするだけ)の実装を行い、そのまま更新が止まっていました。

 

今回の差分はMacのサービスメニューにファイルパスを開く機能を登録できるようにしたものです。起動しただけだと使えないですが、

システム環境設定 > キーボード > キーボードショートカット

のサービスの項目のところで、「Open Selection」のチェックを入れると登録できます。ショートカットも割り当てる事ができるので、自分はShift + Cmd + O を割り当てました。これで、ブラウザ上などのファイルパスを選択した状態でショートカットキーを押せば、即座にFinderを起動できます。

 

f:id:punchdrunkerr:20130828211950p:plain

本件の差分はこちらになります。

Add support for Services · b900e15 · punchdrunker/Opener · GitHub

 

ぼんやりとした今後の展望としては、Webベースな社内ツールを簡単に開くとか、コピペプログラミングを加速する便利機能とかを乗せられたらいいなー、とボンヤリ考えております。

 

Windowsのファイルパスでお困りのMacユーザーのみなさまにおかれましては、何卒お見知りおきの程、宜しくお願い申し上げます。